整形外科

理念と方針

神奈川県立こども医療センターは小児専門病院として国内最大級の診療圏を有し、神奈川県の小児人口120万児、横浜市の小児人口50万児に対して、他科医師、看護師、検査技師など、大学病院や地域基幹病院などにはない小児治療に特化した、国内標準以上の小児整形外科治療を提供しています。
また、当院は小中学校を有し、肢体不自由児施設も併設していますので、長期療養を要する場合には併設された学校に通いながら、リハビリテーションや手術を含めた総合的な治療を行うことができる数少ない病院のひとつとして、ご家族の方に大変喜ばれています。

これまでも定評のある内反足治療、ペルテス治療に加え、近年は小児脊椎疾患に関して全国有数の手術件数となっています。特に、脳性麻痺のような神経筋性疾患や染色体異常、精神発達遅滞といった障がいのある子ども達の側弯症手術やダウン症に伴う環軸椎不安定に対する手術を積極的に行っております。今後も、これまでに蓄積された豊富な経験をもとに、脊椎疾患をもつ障がいのある子ども達の未来の力になれるよう努力してまいります。

整形外科部長 中村直行

2020年度の外来新患数

1151件

2020年度の手術件数

226件

 

診療内容

先天性股関節脱臼、内反足、ペルテス病、側弯症といった小児整形外科疾患全般(一般外傷を除く)。
特に、当院は脊柱変形手術を自施設で行う全国でも数少ない小児専門病院の一つです。



  • バナー